スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捜し屋と僕の三週間


とある何かの続編というかなんというか。新曲というか旧曲です。

mp3はこちら
オケmp3はこちら
どちらもいつも通り192kbps、6MBぐらいです。


ついでに貼っとこう。大した代物ではありませんが。制作時間は4時間ぐらい。
緑髪は楽しいですね!髪に気合の8割を注ぎ込みました(真顔)

音楽の話に戻して。
出すべきかどうか……というより、作るべきかどうかから悩みましたが、反応見たさに出しました。あれ、微妙?^ω^
これの原作が全ての元凶であり、あれの元ネタでもあるわけです。設定とかの構想自体は2007年頃なのかな。やろうと思えばシリーズに出来る設定にしてありましたので、それで。
正直あれがあんなに伸びるとは思ってなかっ(ry)
で、頂いたコメントをずっと拝見していて、アンサーソング……は出すのは無理だな、と思ったのです。彼女自身は前作中でアンサーしちゃってるし、その後はご想像にお任せしたいなと。でも何かやるとしたらこれ……いやでもこれは……悶々……みたいな葛藤が長いこと続いてましたが、敢えて開き直ってみました。受けなければ受けないで某ジンクス破れるからいいんですけどw

あれに対するこれを続編と言ってしまうと若干齟齬が生じる気もするんですけどね……一話完結のシリーズ二作目、っていう感じです。彼女の話を期待された方がいらっしゃったら申し訳ありません。ないわけじゃないですけどね……。

さてさて。
darkの声はいいですね。素敵。しんみりした曲にはぴったりですね!
softと比べてdarkは微妙にルカっぽい気もしますが、GENをちょっと下げるといつものミクに近づくような。曲中で混ぜるならその方がいいのかも知れない。ただ私はミクさんを持っていないのでry

追記に歌詞入れときましたー。

雪深い街角 僕は箱の中で 世界と人間を呪っていました
行きずりの男は『捜し屋』と名乗ると、僕に名をつけ連れ帰りました

黒の魔術師にしては温かい毎日で
僕は世界を少し許してみました

生まれてきた意味を教えて
僕は何故ここに居る?
「愛してる」? 口先だけの愛なら要らない
嘘ばかりの世界


やがて時が過ぎて 『捜し屋』の男は 僕に仕事を与えてくれました
待ち構えた僕に 男が渡すのは黒いドレスの似合う少女の写真

街へ出かけた僕が出会ったおじいさんは
ほろ苦い思い出を話してくれました

かつてもっと豊かな時代
憧れたお嬢様
夢破れ彼女は行った 「向こうの世界」へ
死神様に愛されて


目の前に現れた黒い少女
一緒に帰ろうよ 僕らの家まで

帰り着いたその瞬間に
揺らぐ意識と風景
『捜し屋』は笑って言った
「ありがとう、サンディ。私の可愛い家族」

生まれてきた意味がわかった
僕はあなたの『家族』
捨て犬の僕に名をくれた『死神様』の
僕からもありがとう
スポンサーサイト

theme : ボーカロイド
genre : 音楽

comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。